借入額よりも返済額が多いことを忘れないで!

近所のお宅の借金の原因

私は実家の近くに主人と家を買って生活しています。実家の近くには、小学校の時からの同級生が暮らしており、昔はよく遊びに行きました。
ある日、私の母がゴミ出しに行くと、友人のお母さんに出会ったそうです。非常に疲れた様子だったので気になって話を聞くと、その家のお父さんが女の人を作って居なくなったらしいのです。
それだけならまだしも、お父さんに借金がある事が分かり、それを今まで専業主婦だったお母さんが働いて返しているので、疲労がたまってしまっているとのことでした。
母は「話を聞いてあげる事しかできなかった」と言っていましたが、後日また会った時に「あの時、聞いてもらえてスッキリした」と言ってもらえたそうです。
家庭のある男性は、家族に黙って居なくなったり借金したりと言う事はしないのが基本だと思いました。

父の葬儀費用が足りなかった

私の父が他界したときには、葬儀をするまでに考える時間がほとんどなかったので焦りました。まさか葬儀にこれほど多くのお金が必要だとは思わなかったのです。

親戚からいくらか借金する事で葬儀については対応することができましたが、葬儀以外にも多くの費用がかかったために、その月だけで相当の借金が増えてしまいました。

今考えると、どうにかお金が借りることができて滞りなく事が運んだので落ち着いて物事が考えられますが、借金の宛てがなかったらどうしていたことか?と考えさせられます。

日常的に生活していて、どうにかお金が回っていたとしても大きなお金が急に必要になる事があります。そんな時に借りられるのは、日頃の信用があるからだと思うのです。
モビット : 借り方のコツ - 本人確認の方法
オリックス銀行カードローン : 借り方のコツ / 本人確認の方法